鹿児島大学教育学部代用附属 鹿児島市立伊敷中学校
伊敷中学校の教育


伊敷中教育の基調(5綱13章)
〔1〕 人間尊重の教育
  1. 自己を尊び,他を重んじ,この道に生き抜く信念が堅持されて,教育は全うされる。  
  2. 一人一人に無限の可能性を信じ,自らの生命とともに燃焼して教育は永遠のものとなる。
〔2〕 主体性確立の教育
  1. 周到な計画と深奥な反省によってのみ個に徹した生活指導も学習指導もできる。  
  2. 生徒も教師も問題を意識し,これを解決することによって,日々の学力も充実し生活発展もある。  
  3. すべての人が自由に意見を述べ合い,それぞれの仕事を分担し,それを完遂することによって学年・学級もまた学校も活動的となる。
〔3〕 創造進展の教育
  1. 有形・無形の教育環境を整備することは意図的教育の基本であり些細なことにも誠を尽くすべきである。  
  2. 正邪・善悪・清濁・動静等の止揚合一の妙味を発揮し得てはじめて教育技術も洗練され能率もあがる。  
〔4〕 個性伸長の教育
  1. 道を求めてともに進み,個性を生かし自己の教育を創造確立する。  
  2. 日々の効果を意識し最低必要量を定着させるとともに,個性の最大限の伸長をはからなければならない。  
  3. 健康管理と体力増進は恒常的配慮によってなされ,生気あふれる校風樹立の基盤となり,学力とは両立すべきものである。
〔5〕 敬愛同行の教育
  1. 敬愛の精神は,人間教育の基盤である。  
  2. 智に輝き礼儀正しい生徒は充実した学年・学級経営の中に育ち,生活と学習の指導は相即一体である。  
  3. 求めて止まず,全きを期する意思は賞賛と激励と信頼によって,ますます強固となる。

鹿児島市立伊敷中学校 教育目標

確かな学力と創造力を身につけ,健康な体と豊かな心をもった生徒の育成

[校訓] 志 寛 錬 

[目指す生徒像] 自己を確立し,生きる力を持つ生徒
 ○ 自ら考え,判断し,正しく行動できる生徒
 ○ 自他を敬愛する心豊かな生徒
 ○ 勤労を尊び,進んで奉仕する生徒
 ○ 自ら心身を鍛え,活力ある生徒
 ○ 個性を生かし,確かな知識・技能を身につける生徒
[生活指針] わたしは伊敷中学校の生徒です。
 ○ 確かな心を養います。
 ○ 自ら進んで学びます。
 ○ 友だちと助け合います。
 ○ 強いからだをつくります。
 ○ 行動に責任を持ちます。
 ○ 進んで奉仕します。
伊敷中のめざすもの
 1 日々の実践に学校・教師・生徒の在るべき姿を求め続ける学校
 2 附属学校としての使命にこたえ得る学校
 3 人が育ち人を育てる学校  
重点課題
 1  確かな学力の定着を図る。
  ・ 基礎・基本の確実な定着を目指した分かる授業の実践
  ・ ICT機器の効果的な活用
  ・ 学ぶ意欲を高め,学習習慣を確立する指導の充実

 2 心の教育の充実に努める。
  ・ 不登校生徒等への適切な対応と組織的な取組
  ・  道徳教育や特別活動及び総合的な学習の時間の工夫・改善

 3 体力の向上と健康教育の充実に努める。
  ・ 教科体育を中心とした体力・気力の向上
  ・ 健康の保持増進に努める生活の育成