通級による指導とは?

 

「通級」という方法をとります

・お子さんの学籍は地域の学校においたまま,週に1時間程度の定期的な指導を受けることになります。
・指導時間は,欠席や早退,遅刻にはなりません。
・遠足や発表会などは自分の学校での行事参加が優先されます。

「個別指導」を原則とします

・子どもたちのことばの状態や課題は一人一人異なります。お子さんの指導や支援の計画を設定し,個別に学習を行うことが確実で効果的だと考えます。

保護者や学級担任と協力します

・支援の方法や経過を保護者の方々や学級担任の先生と連絡帳や電話等により相談しながら進めます。そうすることで,お子さんの成長をいろいろな角度から見ることができ,学習環境を整えることができます。
・特別な費用は必要ありません。学校教育の一環であるため,費用は必要ありません。