文集「はばたき」より・・・・教室利用者の声

 
☆子どもたちより
○「し」と「じ」と「ち」のれんしゅうをしました。ラムネとかたまごボーロとかふうせんガムでれんしゅうをしました。したべろをおさらのかたちにしたら,きれいなおとがでます。

○ことばの教室では本読みをします。先生といっしょに読んだり,一人で読んだり,こうたい読みをしたりします。最初のことばを,やさしく読めば,すらすら読めます。人生ゲームも楽しいです。
☆在籍学級担任の先生より
○4月当初は,少し控えめで発言も多くありませんでしたが,次第に発表も増え,休み時間は友だちとのおしゃべりもとても楽しそう。「ことばの教室楽しかった?」と聞くと,「うん!」と笑顔。「今週はお休みだったね。」と聞くと,「うん…」と残念そうな顔。毎回,楽しくことばの教室に通い先生と一緒に学習し,力をつけることで,学校でも自信を持って生活しているようです。

○…細かい部分の発音がもっと上手になるようにと,名山小学校に通っているMさん。クラスのみんなは「2つも小学校に行けるからいいなあ。」とうらやましそうです。その時に私はみんなに言います。「Mさんは2つ分もがんばっているんだよ。」「すごいなあ。」と子どもたち。
☆保護者より
○ことばの教室が始まってみると,先生と友だちのような感覚ですぐに慣れ,親がどきどきするほどに打ち解けて行き,寛いで楽しんでいました。あれだけ難しかったサ行やカ行音等を,魔法にかけられたように,みるみるうちに発音できるようになりました。

○…うまく表現できなくて「もういい」とよそを向いてしまうことが多かったのですが,ことばの教室に通うようになってからは,発音はもちろん,どんどん増える語彙に驚かされました。私だったら,10分で根をあげてしましそうな娘とのやりとりに,丁寧に接してくださり感謝です。これまでは,会話をしながらも発音が気になって仕方がなく,娘との話を楽しむこと余裕がなかったのですが,今では喜びを感じるようになりました。