学校紹介
 山下小学校概観   

【校区概要】
 本校は,鹿児島市のほぼ中央地区にあり,照国町,平之町,東千石町,中町,西千石町,加治屋町,山之口町,千日町にわたり,南九州随一の繁華街となっている。しかし一面には,城山山麓に位置し,西郷南洲先生をはじめ,明治維新前後に国事に奔走活躍した幾多の偉人傑士を輩出した土地として広く世に知られている。


【学校沿革概要】
  本校は明治六年八月第三郷校として設立されたが,明治十年の西南の役に城山落城と共に灰燼に帰した。
  その後,校区民の熱烈な教育愛により明治十一年十月九日に建設され,「山下小学」と名付けられた後,学制改革により「山下小学校」と改称され明治二十二年には,森有礼文部大臣の視察を受け,翌二十三年には北白川能久親王殿下の御来校を賜る等多くの栄誉をおさめている。
  昭和二十年六月太平洋戦争における空襲により再び全焼し,休校のやむなきに至ったが,昭和二十二年四月には山下小学校として再び開校された。そして昭和二十四年六月には天皇陛下の行幸を仰ぎ,児童の作品,授業の実際等,天覧を賜っている。
  昭和五十九年から県総合教育センターの研究指定を受け,現在まで毎年,公開研究会を行い,県内外に研究の取組と実践について発表を行っている。 

   
 校 訓   

負けるな  うそを言うな  弱い者をいじめるな
   
 山下の十訓   

1 山下の子どもは,せいいっぱい学習にはげむ。
2 山下の子どもは,親切で誰とでも仲よくする。
3 山下の子どもは,正しいことを守りぬく。
4 山下の子どもは,健康で明るく笑顔を忘れない。
5 山下の子どもは,すなおで言葉づかいや礼儀が正しい。
6 山下の子どもは,何でも進んでやり根気づよい。
7 山下の子どもは,自然を大切にし物を生かして使う。
8 山下の子どもは,約束を守り,うそを言わない。
9 山下の子どもは,毎日何かよいことをし,よく働く。
10 山下の子どもは,清潔で身なりをきちんとしている。

   
 学校教育目標   

心豊かで,たくましく,生きる力を備えた山下の子の育成

   
 めざす子どもの姿   

○ 思いやりの心をもち,礼儀正しく,進んで協力できる子ども
○ 自ら考え判断し,主体的に学び続ける子ども
○ たくましい心と体で,最後まで挑戦する子ども
○ 学校や郷土に誇りをもつ子ども

   
 めざす学校の姿   

○ 子どもが生き生きと活動する学校
○ 互いに尊重し合い,温もりとめりはりのある学校
○ 安全で整然とした学校
○ 伝統を重んじ,理想に燃える学校
   
 めざす教職員の姿   

○ 子どもの心に寄り添い,やる気と自信を育てる教職員
○ 組織で課題解決に取り組む教職員
○ 互いの良さを認め合い,共に学び続ける教職員
○ 率先垂範し,信頼される教職員

   
 経営方針    

1 歴史と伝統の創造的継承と特色を生かした教育活動の推進
2 校訓の具現化と十訓の実践化
3 鹿児島市教育振興計画を踏まえた教育の推進
4 「生きる力」の確実な育成
5 人権尊重の視点に立った学校づくり
6 教育の情報化の推進
7 安全で整然とした教育環境の整備
8 地域や保護者に信頼される開かれた学校づくり

 学校基本情報

【学校所在地】 〒892−0847 鹿児島市西千石町15−5
【電話番号】 099(226)6285
【FAX番号】 099(226)6284
【創立年】 明治11年開校 (創立139年)
【学校長】 緒方 玲子
【教  頭】 岩本 博裕
【職員数】 41名 (平成29年4月6日現在)
【学級数】 18(特別支援学級4),通級指導教室3
【児童数】 424名 (平成29年4月6日現在)

   
 校 歌   

1.窓にほおえむ 桜島
  大きく生きよと よびかける
  のぞみも高く 青空に
  静かに燃える そのいのち
  山下校の 心です

2.楠のみどりの 城山は
  強く生きよと よびかける
  こだまときそう 歌声に
  明るく伸びる そのからだ
  山下校の 力です

3.き章にかがやく まい鶴は
  正しく生きよと よびかける
  甲突川の 川岸に
  うけつぎほこる そのあゆみ
  山下校の 光です

   
 学校の特色 

○ 鹿児島県総合教育センターとの研究提携校
〇 文部科学省「電子黒板を活用した教育に関する調査研究事業」実践校
〇 市「電子黒板活用モデル校」(電子黒板の活用実践)
○ 「山下小 向田邦子賞」の推進
○ 学校の伝統行事・活動の推進
 ・ 城山登山競走大会
 ・ うずまき運動(駆け足運動)
 ・ 日曜城山登山
 ・ 妙円寺遠行
 ・ 薩摩義士記念相撲・綱引き大会
○ 花と緑が薫る環境づくり
 ・ 芝生の育成と活用

 
  山下小で学んだ作家 
   
   向田 邦子(むこうだ くにこ) 1929〜1981

 昭和4年東京生まれ。転勤の多い父について各地を転々としながら育った向田さんは,鹿児島のことを「故郷もどき」と呼んでいました。小学校3年から6年初期まで山下小学校で過ごしました。結核をしたり病弱だった彼女は暖かな鹿児島でめきめき回復。小学校4年の時,鹿児島市の小学生代表として弔辞をのべたこともあります。
 昭和33年放送作家としてデビュー。その後,「思いでランプ」「あ・うん」など温かく優しい人々の交流を主とした小説を発表。特に,「父の詫び状」では父の愛や鹿児島での楽しく温かい作品があふれています。
   
   林 芙美子(はやし ふみこ) 1903〜1951
 
 
明治36年12月山口県で生まれました。母は,桜島の古里出身でした。両親とも行商に出ていくため,さみしい思いをしながら大きくなりました。また,旅から旅への生活でしたので,故郷もありませんでした。
 ほんの少しの間,鹿児島の母の里へあずけられ,山下小学校へ通いました。学校帰りに城山に登り,桜島を見たり加治屋町のあたりで遊んだりしました。幼い頃のつらい悲しい思いを通し,人間愛,動物愛について考えるようになりました。
 大正12年尾道女学校を卒業し,東京に出て苦しい生活をしていたころの「放浪記」を発表し,ベストセラー作家になりました。
   
   
Copyright(C) 2011 Yamashita Elementary School All Rights Reserved.
山下小学校概観
校 訓
 山下の十訓
学校教育目標
めざす子どもの姿
めざす学校の姿
めざす教師の姿
経営方針
学校基本情報
校 歌
学校の特色
山下小で学んだ作家