向田邦子の作品
向田邦子の作品
通用門近くの屋外掲示板
「山下小向田邦子賞」授賞式風景(校長室)
二宮金次郎の像
向田邦子への道
向田邦子が学んだ学校
図書室横掲示板
作品の校内掲示板(北校舎の脱靴場)
向田邦子が学んだ当時の正門
本館入り口の石碑
山下小向田邦子への道
向田邦子をよく知るための道
向田邦子が学んだ当時への道
向田 邦子(むこうだ くにこ) 1929〜1981

 
昭和4年東京生まれ。転勤の多い父について各地を転々としながら育った向田さんは,鹿児島のことを「故郷もどき」と呼んでいました。小学校3年から6年初期まで山下小学校で過ごしました。結核をしたり病弱だった彼女は暖かな鹿児島でめきめき回復。小学校4年の時,鹿児島市の小学生代表として弔辞をのべたこともあります。
 昭和33年放送作家としてデビュー。その後,「思い出トランプ」「あ・うん」など温かく優しい人々の交流を主とした小説を発表。特に,「父の詫び状」では父の愛や鹿児島での楽しく温かい作品があふれています。
 山下小学校の通用門横に向田邦子掲示板ができました。本校では,毎月子どもたちの日記や作文などからキラリと光る表現のある作品に「山下小向田邦子賞」を授与しています。この掲示板には,受賞作品も展示されています。