学校長あいさつ

 本校は、今年度、令和3年の年に創立42周年を迎える伝統ある学校です。鹿児島市の南部に位置し,魚見の高台に建つ校舎からは錦江湾と桜島の雄大な景色を臨むことができます。
 今年度は,これまで本校が取り組んできた「実践5項目:1きまりを守る 2授業に集中 3作業を精一杯 4明るいあいさつ 5整理整頓」を更に深化発展させようと取り組んでいます。また、生徒たちには、学校生活の中に自分なりのチャレンジする機会を見出し、挑戦し、たくさんの失敗と成功を繰り返しながら、それが忙しい毎日であったとしても、楽しんで生活するように育って欲しいと思います。しっかりと学期毎に生徒、職員が自己評価しながら取組を進めてまいります。
 中学生の時期は、「自分らしさ」とは何かを自分自身に問いかけながら、自分の価値観を築き、成長していく時期です。親や教師などの身近な人から学んだ価値観をもとに生徒は、「尊敬する人」や「信頼できる人」など多くの人と交流して、自分の価値観を形成していきます。しかし、人の考え方は、様々で何が良いか悪いかなどと簡単にアドバイスすることはできませんし、押しつけもあってはいけないと思います。
 だからこそ、「すてきな出会い」は、生徒が今後の人生を歩む上で、大きな助けとなり、臆病だったり、後ろ向きな自分に前を向いて前進する勇気を与えてくれると思います。
 東谷山中の生徒には、より多くの人たちとの出会いから、「自分らしさ」という価値観を見いだすとともに、主体的・対話的な深い学びから生きる力を育んでいって欲しいと思います。

 

 本年度も、コロナウイルス感染症対策により大幅な教育課程の変更を余儀なくされています。生徒、保護者、職員、ひいては社会全体の命を守る行動が一番に重要なことと考えますので、御理解の上、御支援・御協力くださいますようよろしくお願いいたします。

                               校 長  市 園 誠

 

 

 

トップへ