最新情報(バレーボール部)

バレーボール部の紹介

 本校バレーボール部は、公立高校ながら全国でも常に上位進出を果たし『日本一』を目標に活動しています。
 神川監督のバレーボールの指導理念は『創造力、行動力、人間力の育成』であり、今も将来も「自ら考え、行動を起こし、心豊かな人間」として社会に貢献し、活躍することを目的としています。
 部のモットーは『拾って、繋いで、考える、心の全員バレー』です。
 どこのチームにも負けないレシーブ力とそれを繋ぐ絆。そして、常に考えた攻撃・工夫した複雑なコンビバレーで観ている方々に感動や勇気を与えるゲームで全国にファンも多いです。
 平成22年度・24年度の全国高校総体(インターハイ)では、全国準優勝に輝き、「日本一」まで、あと一歩と迫りました。全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)でも、準決勝(第3位)に3度進出し、バレーの聖地:代々木体育館・東京体育館のセンターコートで堂々とした闘いを演じました。
 全国から優秀な選手を集める私立高校に対して、公立高校として県内だけの選手で、全国で十分戦えることを立証しています。中学時代に無名だった選手も、高校3年間で技術力・精神力とも向上することで、Vリーガーやチャンプリーグ選手を多数輩出してきました。
 現在は、3年生13名、2年生5名、1年生8名の計26名で活動しています。
 今年は、インターハイや国体が新型コロナウィルス拡大のため中止となりましたが、「春の高校バレー」に向けて「日本一」を目指し厳しい練習に毎日取り組んでいます。
 鹿女子バレー部の今後の躍動にご注目ください。 

★いつも明るく元気な3年生13名!!

文武両道の手本にもなっています!!

最新News

大会・部活動の様子などをお知らせします。下記をクリックしてご覧ください。

メモリアルマッチ

指宿菜の花メモリアルマッチ

中学生体験入部オープンスクール

春の高校バレー県予選 ”優勝”(2年連続36回目)

春の高校バレー 第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会

令和3年バレー部紹介

南九州新人バレーボール大会吹上杯 優勝!!

トップへ