学校長あいさつ

学校長あいさつ

 

 鹿児島女子高校のホームページに訪問していただきありがとうございます。

 

 本校は,創立128年目を迎える県下でも有数の歴史と伝統を誇る高等学校です。一学年に生活科学科4クラス,商業科2クラス,情報会計科2クラスの合計8クラスを有し,在校生や卒業生は,建学の精神である「雪に耐えて梅花麗し」を心の拠り所に,県内はいうまでもなく,全国,さらには世界のステージで活躍しています。

 また,「勤労自治」「清純理知」「進取気魄」の校訓のもと,「床の輝きは心の輝き」をモットーとする「無言作業」,静かさの中で自分を見つめ心の落ち着きを図る「黙想」,常に学び舎に対する感謝を忘れない「門礼」の3M活動を根幹としながら教育活動を展開しています。

 部活動においては,春高バレーやウインターカップ常連のバレーボール部,バスケットボール部,リオオリンピックで活躍した上原選手や東京オリンピックの女子4×100mリレーアンカーで出場した鶴田選手などを輩出した陸上競技部,全国大会出場や県予選決勝常連のバドミントン部,ソフトボール部,剣道部,ソフトテニス部,卓球部,文化系や生産系では全国1位の珠算部をはじめ,ワープロ部,簿記部,イベント等で活躍する筝曲部,書道部など,40近くの部活動で多くの生徒たちが活躍しています。

 さらに,大学科「家庭」の被服作品発表会における振袖やドレスのファッションショー,食物調理技術検定1級75名合格(令和3年度県内最多)などの成果,大学科「商業」の地元「下伊敷栄門町内会」との連携による地域貢献活動やオンラインショッピングモール「まなびや」の取組,日商簿記2級・1級への挑戦など,各学科単位での活躍も目覚ましいものがあります。

 

 本校ではこのように,高い専門性,美しい礼儀作法,当たり前のことを当たり前に実践する教育活動を行っています。正に鹿女子ブランドを確立して鹿女子卒業生として社会に送り出すことを学校一丸となって取り組んでおります。そしてそのことは,保護者の皆様や同窓会(帰厚会)及び地域の方々,教職員一同の共通の願いであると思っております。

 今後とも本校の教育活動に対しまして,御理解と御支援をお願い申し上げ,挨拶といたします。

 校 長    福永 純一郎  

トップへ