学校長あいさつ

雨の季節 安心・安全な生活を

 

 南九州は,5月11日に観測史上2番目に早い梅雨入りをしました。天候も文字通り梅雨空に変わってから,なかなかすっきりと晴れる日が少なくなったように思います。

 この季節は,室内で過ごす機会が増えてきます。子供たちは,それぞれの楽しみをもって過ごしているようです。しかし,元気のある子供たちですので,走り回ったり,大声を出したりする姿も見かけることがあります。また,室内だけではなく雨降りの中の登下校をすることも多くなってきます

 昨年度に続き,新型コロナウイルス感染症対策としては3密を避けることと併せて,マスク着用や手指消毒など学校でも重点的に取り組んできました。そして,毎年のことですが,この雨の季節ならではの安心・安全な過ごし方への指導が必要となってきます。

 この時期は,湿度が高く廊下や壁に結露が発生し滑りやすくなります。また,同時に気温も高くなるにつれ,カビなどが発生しやすくなり食中毒の発生も増えてくることが考えられます。屋外でも川や水路の水かさが増してくるなど安全面の配慮が必要になります。

 御家庭でもこのような気候の変化に伴うケガや事故などには気を付けておられることと思います。もちろん,日常的な手洗い・うがいなどの基本的な生活習慣で十分予防することができます屋外の過ごし方にも地域に応じて注意が必要になるでしょう

 子供たちが安心・安全な環境で過ごせるよう,そして子供たち自身も自己の命を守ることができるよう学校でも指導してまいりたいと思っています。

 地域での見守り,ご家庭での遊びの指導,学校の登下校含めた安心・安全な過ごし方について子供たちにも気付かせ,考えさせていきたいと考えています

 

 

【校訓】   元気よく なかよく 考える

 

【教育目標】 夢と自信を持ち,学び続ける子供の育成

 

【キャッチフレーズ】あこうの緑の下,「あいさつ,読書,あせ」

                みんなが がんばる城南っ子

【目指す子供の姿(育成したい資質・能力)】

  あ…あいさつ,返事,言葉遣いのよい子供

  こ…根気よく,考え,表現する子供

  う…運動・健康と生活リズムを整える子供

 

【一学校一改革】聴いて 考え 行動するひと工夫

 

                        学校長  髙山 謙一

トップへ