099-254-9155

学校紹介

 鹿児島市を南北に流れる甲突川は,市街地の中央で大きく曲がり錦江湾に注いでいる。甲南中学校はその南側に位置している。
 幕末の頃までは島津藩の下級武士が住む城下町の一隅を占めており,「荒田ん田んぼ」と呼ばれた水田地帯に接していた。明治維新の立役者である西郷隆盛は加治屋町からこの地に移り住み,中央で活躍するまでの長い間上之園で生活しているほか,大久保利通もこの地で誕生した。また,カリフォルニアのブドウ王長澤鼎,後に県令になった大山綱良等々,近代日本の建国に寄与した数多くの人々を輩出している。
 本校の正門左には,これらの人々の偉業を讃えるために「三方限出身名士顕彰碑」が建てられている。徳富蘇峰はその碑文に「鹿児島高麗,上之園,上荒田三方限(方限:現在の町内会にあたる。)ハ,維新以来,人材の淵業ニシテ,西郷南州,大久保甲東両先生ヲ始メトシ,文武名臣ノ菖蹟ハ,後進ヲ誘クニ歴史的ノ教訓ヲ以テシ,吾人ニ示スニ国家報効ノ鍼路ヲ以テス。・・・略」と記している。地域では,これら先人達の遺徳を偲んで毎年顕彰祭を行いこの地域の歴史と伝統を大切にしている 
 校区内には
鹿児島大学をはじめ,高等学校2校,小・中学校3校の他に,各種専門学校やMBC放送局等があり,文教の地といえる。また,JR鹿児島中央駅を中心に商業の街でもある。 

 

校歌

1 甲突川の南の
  いらかも清き学び舎に
  敬愛信をめざしつつ
  向学自主の意気高し 
  中学甲南 若人われら

2 英俊雲と生れつぎて
  維新の業をなしとげし
  三方限の名も永遠に
  共同自治の風かおる
  中学甲南 若人われら

3 秀麗千古桜島
  火をはく嶺にこだまして
  明るく強くたくましく
  燃ゆる命か明日をよぶ
  中学甲南 若人われら

校章

昭和24年9月1日制定

 

 真中の「中」の字を、甲南の二字で支えるように包み、その上に朝日が天に向かって光を放つ姿を表している。甲南中の校運がまさに「旭日昇天」のように栄えることを祈念したものである。

学校基本情報

創立72周年

令和元年5月現在 生徒数:391名 学級数:14学級

 

トップへ