学校紹介

特色ある教育活動

 4月教育活動5月教育活動6月教育活動7月教育活動8月教育活動9月教育活動10月教育活動11月教育活動12月教育活動1月教育活動2月教育活動3月教育活動

校歌

 

校章

学校の由来

 明治維新前,私塾明命黌を大警視川路利良氏が川井尻に設立する。その後,明治9年に管費で二反田に比志島学校を設立。廃校,移転,分校等を経て,明治25年に皆与志尋常小学校に改称。昭和16年に皆与志国民学校に改称。昭和22年皆与志小学校に改称。昭和25年に,伊敷村と鹿児島市が合併し,鹿児島市立皆与志小学校となる。

 

校区の概要

    旧鹿児島市の北端に位置し,比志島川が南流し,南端は甲突川に合流する。鹿児島市の奥座敷としての本校区は,4つの集落(上・中・宮ノ平・下)からなり,山と緑に包まれた山間部は田園地帯で,農業がさかんである。校区内には,皆与志小学校,鹿児島市立皆与志幼稚園,皆与志児童クラブ,児童養護施設たらちね学園,あさひが丘学園,県立皆与志養護学校,やまびこ医療センター等の施設があり,平成16年度からは特認校となり,校区外からの通学生もいる。

児童数

令和3年度 (4月6日現在)児童数・・・32名

2年 11名

3年    3名,4年 6名・・・複式学級 

5年  9名,6年 3名・・・複式学級

ひまわり学級  3名

さくら学級   3名 

 

 

 

トップへ