輝く 黄金色

2023年11月28日

ミニヒマワリにショウリョウバッタ。ここだけ切り取ると、夢もあこがれもどこか違っている夏の終わりのようですが、週末は12月です。

夕べは満月『ビーバームーン』でした。写真は今朝の6時45分、一帯を明るく照らしていた月が西の空に沈もうとしていました。

冬から春にかけて月と同じくらい地上に鮮やかな色を付けるであろうキンセンカはもうすぐプランターや鉢に移植できるほど生長してきました。先日の4連休の時に、児童クラブのT様が水を掛けてくださいました。本当に感謝いたします。

2・3校時は全校音楽でした。明日はいよいよ『市音楽会 in川商ホール』です。

今日は最後の練習です。一人一人気合が入っているようです。

1年生にとっては学校以外の場所でみんなで合奏するのは初めてです。少し緊張しています。

でも、後ろには中・高学年のお兄さんやお姉さんたちが支えているので安心してくださいね。観客は『かぼちゃ』と思ってください!

黒神小のお子さんも一緒に練習、舞台も一緒です。

耳をすまして聞きたいカントリーロードはどこまでも続く道ですね。この替え歌の『ビクトリーロード』はラグビーW杯で有名になりましたね。

自信をもって叩いてください。血をさわがせながら、たたけ、たたけ、たたけ!俺りゃにゃ~。

指揮者にちらりと目線。ふとした瞬間に担任の先生と視線がぶつかっていましたね。

これだけ準備をしたので、舞台に立ったら後は楽しむだけです。ランニング大会のスタート前にはいつもそう思います。

幼稚園児は今日もロードレース大会の練習です。向こうには校舎とほぼ同じ高さの銀杏の木が黄金色に燃えています。『銀杏城』としても有名な熊本城は加藤清正が築城し、「この銀杏が天守閣と同じ高さになった時に異変が起こる」と予言し、同じ高さになった時、西南戦争があったと言われております。昨年度、6年生は修学旅行で学びましたね。それでは、この色合いを下の写真でお楽しみください。

なかなかのたたずまいです。ここから車で約40分、垂水市に『千本イチョウ』があり、今週は夜もライトアップされているそうです。行ってみようかと考え中です。

本日5校時は3・4年生を対象にした『手洗い教室』がありました。その様子と明日の市音楽会のことは明日のブログで帰校後に夕方更新いたします。明日はお弁当をよろしくお願いいたします!

【今日の献立】牛乳、コッペパン、きつねうどん、ジョア、アーモンドカル

『きつねうどん』の“きつね”は、油揚げのことです。油揚げの色がきつねに似ているとか、縁起がよいとされるきつねは油揚げが好物だからという説があるようです。いずれにしてもあっさりとしたうどんには、油の濃厚さが合うようです。ちなみに『たぬき』は“具(たね)がない天ぷら”つまり、天かす。『たね抜き』から、たぬきになったということのようです。きつねやたぬき、日本には動物を冠した食べ物があるのは親しみをもつことが要因かもしれませんね。

トップへ