学校紹介

 

校歌

昭和54年 2月27日 (作詞:蓑手 重則 作曲:兼広 晨史)に制定されました。

seiryou-kouka


やまなみ遠く 日に映えて
緑の風は 朝をよぶ
明るい窓に きょうもまた
こころふれあい 深めあい
学ぶ西陵 ああ われら


大空さして すくすくと
若木ものびる 丘の上
仲よしこよし 肩組んで
ちからいっぱい せいいっぱい
励む西陵 ああ われら


錦江湾の 空高く
火をはく島よ 桜島
あしたのゆめを はぐくんで
のぞみ大きく たくましく
生きる西陵 ああ われら

校章

 

 西陵小は木々のみどりに囲まれて、桜島を一望できる丘陵地に位置するところから、未来をはぐくむ子供達が、新鮮な若葉のようにのびのびと成長し、どんな困難にもくじけないような大木に育ってほしいとの願いを込めて図案化され、昭和53年11月1日に制定されたものである。

学校の沿革史

          沿革史

                                                                     
トップへ