学校概要

 

沿革

  明治27年10月  鹿児島簡易商業学校として鹿児島市易居町に創立
37年4月  鹿児島市立商業学校と改称
大正9年5月  鹿児島商業学校と改称
 下荒田町(騎射場)校舎に移転
昭和19年4月  鹿児島市立工業学校と改称
 商業科並びに工業科設置
 天保山町校舎に移転
21年4月  鹿児島商業学校に復帰
 工業科は県立鹿児島工業学校に移管
23年4月  鹿児島市高等学校第3部と改称
25年4月  鹿児島県鹿児島商業高等学校と改称
 商業科並びに家庭科設置
31年4月  女子商業科・家庭科は鹿児島女子高等学校として分離独立
32年4月  鹿児島商業高等学校と改称(男子のみの商業高等学校に復帰)
46年4月  坂元町新校舎へ移転
平成5年4月  情報処理科並びに国際経済科設置
6年11月  創立百周年記念式典を挙行する
16年11月  創立110周年記念式典を挙行する
26年11月  創立120周年記念式典を挙行する

校風

明治27年10月1日、鹿児島簡易商業高校として発足し、平成28年創立122年を迎えた歴史と伝統に輝く学校です。その間校舎も易居町から騎射場・天保山へ、さらに昭和46年4月に現在の坂元台へと移転しました。平成21年度から全国公立商業高校の中で唯一の男子高校として有名です。
卒業生は28,083名におよび、明治・大正・昭和・平成の四代にわたって、スポーツ界などで活躍しています。
古い歴史の中で、はぐくまれた「厳教慈育」の精神は今でも受け継がれており、充実した設備の中で、生徒は礼儀正しく文武両道をモットーに日夜努力しています。

 

トップへ