ヨット

モットー:楽しく、真剣に、メリハリをつける

目標

 1.先輩方の築いてきた記録を引き継ぎ、インターハイ出場記録を伸ばし念願の全国優勝を果たす。

 2.ヨットは風の変化や周囲の状況に対応しなければならないスポーツである。常に時間と周囲に気を配り、今自分がなにをすべきか考え行動する。

活動内容

 1.二人乗りの420級、FJ級、一人乗りのレーザーラジアル級、シーホッパー級SRなどのヨットに乗り、インターハイや国体で日本一をめざす。

 2.海上練習は平川ヨットハーバーで行う。

 3.平日は学校で体力作り。

顧問

顧問:上村洋介(商業)、満塩裕志(地歴公民)

コーチ:昇慧祐(鹿商OB)

 これまでほとんどの部員は高校からヨットを始めて、インターハイや国体で活躍しています。コーチやOB、セーリング連盟の方々が一からヨットを教えてくれます。

 ヨットは自然を相手にするスポーツです。必ずエンジンの付いた救助艇で一緒に海上に出て練習を行います。海上に出る前の出艇申告・あがってきてからの帰着申告の徹底など、安全面に十分に配慮しています。

 

 鹿商ヨット部OB外薗潤平選手がオリンピック代表に内定しました!

外薗さんもここ、鹿商ヨット部でヨットを始めました。君もオリンピック選手になれるかもしれない!

部員

 14名(1年生:6名 2年生:4名 3年生:4名)

施設・設備(練習場所)

平日:1階習熟度室等

土日:平川ヨットハーバーとその沖合

部長のコメント

四枝 翔生(3年:清水中出身)

 私は、高校では何か新しく始めようと思い、パンフレットに載っていたヨット部に興味を持ち入部しました。最初はわからないことばかりで戸惑うこともありましたが、先輩方やコーチが丁寧に教えて下さいました。

 自然が相手で、強風や荒波など大変なこともありますが、とにかく自分の思うように海の上を走る爽快感や面白さは他には無いものだと思います。

実績

 R1.05.26 県総体 学校対抗戦2位,420級1位・4位,シングルハンダー級3位 

 R1.06.16 九州総体 学校対抗戦6位,420級6位・11位,シングルハンダー級13位

 R1.08.17 全国総体 コンバインド37位,420級34位

 R1.10.02 国体 420級12位,レーザーラジアル級23位

 R1.12.29 九州ユースチャンピオンシップ 420級優勝,レーザーラジアル級2位

トップへ