小中連携

隣接する吉田小学校との交流の様子を紹介するページです。

小中合同運動会

 2008年、吉田小学校が隣接した現在地に移転した年から小中合同大運動会を開催しています。小中学生がお互いを応援する微笑ましい姿が見られます。

 PTAの小中おやじの会を中心にしたよさこいソーランを踊りも見ごたえがあります。ただし、令和2・3年度は児童・生徒の種目のみの短縮プログラムで開催しました。

 

小中交流タイム

【令和3年度第1回 小中交流タイム】

 小学生と中学生が本校体育館に一同に集まり、小学1年生と小中の転入生に自己紹介をしてもらいます。その後にレクレーションで、中学生の考えたオリジナルのゲームなどで小学生を楽しませます。この日のために、毎年、生徒会のメンバー は、部活や勉強の合間を縫ってたくさんの準備しています。令和3年度はコロナ禍により開催できませんでしたので、中学生からのメッセージカードの贈呈のみを生徒会が小学校で行いました。

 

【令和元年度第2回小中交流タイム】

 2回目の小中交流タイムは、生徒会学習文化部が中心になって準備を進めます。

 まず、読み聞かせ。その後は物語に登場したことを、中学生がアニメーターになってクイズを出題するアニマシオンを行っています。

 次に、クリスマスタペストリーづくり。事前に準備した飾りを次々に貼って仕上げていきます。出来上がったタペストリーは、毎年、校区内の福祉事業所にプレゼントしています。

 

   

 

   

研究授業

 小中合同研修主題「一人ひとりに確かな学力をつけるための教育活動の実践」のもと、合同で研修を行っています。

 年間計画として合同研究授業・授業研究、小中連携授業参観期間などを設定しています。

 職員同士が交流を深めることで、生徒理解も深まります。

 令和4年度はGIGAスクール構想の推進も目指しています。

 

トップへ